沿革

昭和11年
酒田市十王堂町(現中央東町)に立花材木店として創業
昭和16年
酒田市浜田に立花製材所を開設
昭和24年
酒田市千石町に製材工場及び事務所を新築移転
昭和29年
立花製材株式会社として資本金200万円で会社設立
昭和31年
鶴岡市八間町に鶴岡営業所を開設
昭和39年
商号を立花産業株式会社に変更し、住宅資材の総合商社として
建材・住設機器の販売を始める 
昭和40年
鶴岡市鳥居町に鶴岡営業所を新築移転
昭和42年
酒田港製材協同組合設立に伴い製材工場を閉鎖 
昭和45年
建築内装工事(LGS,ボード貼り)を始める
昭和48年
橘 正が代表取締役社長に就任
昭和53年
山形営業所を開設
昭和61年
酒田市北浜町に本社社屋、倉庫を新築移転
昭和62年
山形営業所を閉鎖
平成8年
鶴岡市文下に鶴岡営業所社屋、倉庫を新築移転
平成15年
石巻市 株式会社山大の提携店としてプレカット木材の販売を開始
平成16年
橘 裕之が代表取締役社長にに就任